アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ビルトインコンロはキッチンの中でも注目しておきたい設備です。その設備を装着することによって、自宅のシステムキッチンは非常に大きな進化を遂げることになります。
快適な暮らしのためには快適な調理環境があることは欠かせません。長年使ってきたキッチンには、何かと不具合や不便な点が発生してきます。どんなに手入れをしていても、製品そのものの耐用年数を超えてまで利用し続けることは好ましいことではありません。
いつかやってくる選手交代の時期、その時期がキッチンに来ているとするならば、ビルトインコンロの導入は検討材料として十分すぎるほどの意味を持ちます。
一見すると、システム化した場所でなければ利用することができないのかと思いきや、そういうものでもありません。
年代が経過した住宅で、元々はシステム化する予定がなかった住宅の存在を見越して、適切に利用できるように設計してある製品があります。
すべての家に、快適な調理環境が手に入るという絶大な幸せを運んできてくれるビルトインコンロは、リフォームのタイミングこそ導入を検討するべき時期です。

■10年使えば十分元はとれている
リフォームのタイミングは、多くの人が悩むものです。ただで出来るのならばすぐさま行いたいと思うことは間違いありませんが、それはどうあがいても無理な話です。
費用が発生するからには、最良のタイミングで利用したいと考えるのが人間の心理です。そして、そういった場合の最良のタイミングとは、何度も修理をしていい加減修理より買い換えるほうが得なのだと気づいた時です。
もちろん、そういったトラブルが表面化してくるほどに劣化が見られる状況になってからの交換でも良いかもしれません。ですが、そもそも日本で流通している製品の多くが、耐用年数という概念に縛られる製品です。
ある一定の期間は無事に使えたとしても、それ以降の動作は保証しかねる。そんな耐用年数をやり切った物品は、もう引退させてあげるほうが良いです。
コンロの耐用年数は、10年と設定されていることが多いです。仮に設置に20万円かかっていたとしても、10年で年間2万円、月あたりの出費は2千円とかかりません。
ビルトインコンロに交換しても、それぐらいの耐用年数は期待できる上に新品で進化した製品を利用できます。それを考えると、次またいつ壊れるかわからない耐用年数を超過した製品より、新品のほうが割のいい可能性が高いです。
10年使えば十分元はとれているため、交換時期は耐用年数が終了する前後だと考えるのが最も割りきれて快適です。

オススメリンク

各機能のチェック点

ビルトインコンロをキッチンに設置するときに製品選びをするなら、各機能のチェック点を綿密に調べて比較することが重要です。
その中でも代表的なのはグリルですが、バーナー部分や安全機能、そして操作パネルなどチェックするべきポイントは…Read more

注意するべき点

ビルトインコンロの選択を行うにあたって、キッチンに適合できるかどうかの条件にオーブンの存在と、ガスの種類という存在の2点は重要なチェックポイントです。
利用することの安全性にも関わることで、注意するべき点としては非常に大きな要…Read more

天板の種類を選択

ビルトインコンロの設置は、キッチンに快適さと利便性を与えるばかりではありません。キッチンに個性を与えてくれるのも大きな特徴です。
その設置を行うにあたって、天板の素材を選択したり、カラーリングを選択したり、自分が気に入ったもの…Read more

関連リンク